忍者ブログ

好きな言葉は「双子素数」

日記のような備忘録のような内容です。北海道江別市在住。

2019.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

島松駐屯地見学ツアー

2015年2月21日(土)10:00~
自衛隊関係の見学ツアーは初めてでした。天気が良かったので自家用車で行けたけれど、当初の予定通り島松駅にお迎えに来てもらいました。島松駅には初めて降りました。鉄道少年団の子どもたちも一緒のようで、けっこう人数いるんだなと思った。見学者人数は総勢65名。ただ、女子率は低い。

最初に駐屯地の概要説明。島松駐屯地での仕事内容の説明。スクリーンを二つ使ってのプレゼンは初めてみました。で、簡単に解釈すると、前線部隊を支える縁の下の力持ち的なところなようです(簡単すぎて申し訳ないです。あんなに説明してくれたのに)。

次に、実際に見学出発。まず、32号倉庫。備蓄品(食料・ストーブなどいろいろ)が集積されているところです。真新しい段ボール箱が天井まで積まれています。それでも今は少な目ということらしかったです。


次は装輪工作工場。この建物は昭和28年に建てられた木造建築。今も現役で使われている。大事に使っているんだな。そして、隅っこまでとってもきれいにお掃除されています。急に誰かが来ても大丈夫。見習いたいです。


その次は35号倉庫、廃棄品が集まってきて、細かく裁断される様子を見ました。固い鉄帽も破砕するすごい機械もありました。制服から靴から粉々にして廃棄するようです。

そして、資料館、普段は誰が来るのか?とも思ったが、歴史ある駐屯地なのがよくわかった。駐屯地のシンボルマークは「シママツ」の4文字を使って隊員がデザインしたことも知りました。

隊員も利用する食堂でお昼ご飯。今回のメニューはスパゲティ。副菜に長いものサラダ、フルーツ杏仁豆腐、お吸い物がついていました。それでも足りない場合はご飯も食べることができました。甘めのミートソースがおいしかったです。


食後は8つの班に分かれて、装備品体験試乗。乗り降りにはいちいち踏み台も置いてくれて至れり尽せりです。私なんかは踏み台がなかったら、引っ張ってもらわないと乗れなかったと思う。
高機動車、ヘルメットもかぶります。乗り心地は悪いです。でも、私たちのために車内にいつもはない薄い絨毯がひいてありました。


雪上車、こちらもヘルメットをかぶります。敷地内のスキー場まで移動する舗装道路はすごい音でやっぱり乗り心地は悪い。そして、雪の上、いつも車で走る道路ではなくて、山の斜面を走行する馬力には感心したけれど、乗り心地は超悪いです。


最後は、救急車、普通の救急車のように機械類がない車内。いつもそうかなのか、私たちが乗るからなのかはわからない。


以上で全行程が終了。最後にアンケートを書き、駐屯地モニター募集の紹介。帰りは、また島松駅まで送っていただきました。
知らないお仕事のことを知るのはとても興味深く勉強になりました。いつもきびきびしているであろう自衛隊の皆さんがゆるゆるした私たちを案内してくれたことに感謝です。もしかしたら、工場で作業していた方たちはお休みなのにわざわざ出勤した方もいるかもしれないことを思うと申し訳なくも思ったりします。担当の広報さんも親しみやすい方でした。前は戦車部隊にいたそうで、そちら方面のお話もぜひ聞きたかったです。

(おまけ)
帰りのマイクロバスの中で鉄道少年団の子どもたちと一緒だったわけだが、さすが鉄道少年団の面々、バスの中で島松発札幌行きの電車の時刻を調べていたり(耳をダンボにして聞いていました)、「新しい時刻表買わなくちゃ」とか「トワイライトエクスプレス通るの見れるかな?」「いや、もう行っちゃってるよ」なんて会話しておりまして、名前のとおり鉄道のこと好きなんだなと思った。年長のリーダーさんのもと、行儀良いお子たちでした。行きの電車でも一緒だったのですが、乗客にゴミ袋を配布するなどして、ただ移動するだけではなくて、ひと仕事しているところに関心もしました。

拍手

PR

FB 2015/02/22

みこりん来たー。これから出掛けるので帰ってきたら飾ってあげよう。

拍手

エコトーク映画会

2015年2月15日(日)13:30開演
ちえりあホール


まず、整理収納アドバイザーの永井友子さんの講演。声がとても素敵な方でした。でも内容は、食いつくほどの目新しいことはなかった印象でした。

次にフィンランド映画「365日のシンプルライフ」上映。監督自身の実体験を映画にしたドキュメンタリー作品。自分の持ち物全てをいったん倉庫に預けて、1日にひとつづつ持ってくるというもの。話の流れは想像していたものとは違ったが、実際はそんなものだろうと思った。自分では使わなくても彼女に為に使いたくなるものが増えたり。案外それほど変わらないのかなと。いや、変わったのか?私の読みが足りない?1年間持ってきたもののリストは英語版なので、あとでゆっくり確認したいと思う。パンツと靴下はなくてもよさそうらしい。


最後に、西区広報動画試写会&やまべェとの撮影会。西区民でもないけれど、参加しました。やめべェグッズをいただき、帰りにはツーショットで写真も撮りました。
実はやまべェの存在はここで初めて知りました。西区民にはお馴染みなのでしょうね。ちえりあホールは遠かったけど、行ってよかった。

拍手

FB 2015/02/21

鉄道少年団というのがあるのを知りました。なんか楽しそうだった。好きなことをしてるときはキラキラしてるよね。

拍手

サンプル品

キュレルサンプルプレゼント

拍手

ペアチケットがふたつ当選

マンドリンオーケストラ
フィラルモニカ・マンドリーニ・アルバ・サッポロ演奏会ペアチケット当選



全道バレエフェスティバル・イン・サッポロペアチケット当選

拍手

今年初当選

「三井アウトレットパーク お買い物券3,000円分」が当たりました。ヤッホー!

拍手

1月に読んだ本

2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1687ページ
ナイス数:378ナイス

人は見た目が100パーセント(1)人は見た目が100パーセント(1)感想
忙しいのにうっかり買ってすぐに全部読んでしまうという予想外の自分の行動に少し後悔。でも、すごく面白かった。笑えるわぁ。20代、30代、40代の女3人が、就業後におしゃれ勉強会をするという話。勉強になることもあるし、共感することもあるし、作者さんも言っておられたが、漫画も読めて、おしゃれレッスンもできるという一石二鳥なところがいいです。でも、おしゃれ女子には当たり前すぎて、勉強になることはないかもしれない。
読了日:1月31日 著者:大久保ヒロミ
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)感想
まるまる太宰治。栞子さんの古書へのスイッチが入ったキレキレな様子と大輔への思いの可愛らしい態度(男性目線ではとてつもなく可愛らしいのだろう。美人だし、スタイルもいいし)、どちらも頭の中でいい具合に浮かびながら楽しく読むことができました。大輔については当初感じられなかった男前な部分が表現されていて、私の中で好感度一気にあがりました。太宰治についても勉強になりました。あとがきでは次かその次で終わりとのこと。そうかぁ。最後がどうなるのか楽しみでもあり、終わってしまうのが残念でもある複雑な気持ちです。
読了日:1月27日 著者:三上延
えどさがし (新潮文庫)えどさがし (新潮文庫)感想
大好きなシリーズ。期待を裏切らない内容でした。いつも通り、ホッコリ、あったかな空気を満喫しました。若だんなは登場しなくとも、若だんながいるような錯覚を覚えるほどでした。愛されてるなぁ、若だんなは。「親分のおかみさん」が一番心に残った。親分を見る目が変わりました。そして、本のタイトルでもある最終話「えどさがし」の終わりかたが何とも嬉しい終わりかたで、その続きも読みたい気持ちにかられます。読んでいる間は幸せな時間でした。
読了日:1月19日 著者:畠中恵
片づけの解剖図鑑片づけの解剖図鑑感想
イラストが多くてわかりやすい。これから家を建てたりリフォームの予定のあるかたには役立つと思う。我が家はそんな予定は全然ないけれど、家の間取りのお陰で少々不便を強いられていたこともこの本で納得。そうそう、玄関にコートや帽子を置きたいのよ。犬の項でのイラストには笑えた。設計段階で細かく物の置場所を考えるというのは見落としがあったりけっこう大変そうだ。
読了日:1月15日 著者:鈴木信弘
ブルースブルース感想
最近はこのような連作短編が続いていますね。今回は中心人物は男。しかも6本指であれが巧い。なので、それぞれの語りは女ばかり。一人ぐらい男から見た博人も読みたかったかも。にしても、博人は年代によってずいぶん印象が違います。周りから見た博人なので、彼の本当の心の中は描かれていない。そのあたりを読者が想像する余地があるのも好きな構成です。桜木作品らしい空気感は今回も全開で、その変わらぬ空気感に安堵するのでした。明るいではないけれど、ただ暗いわけでもなく、生きている彼らにいつも力強さを感じます。
読了日:1月13日 著者:桜木紫乃
風が強く吹いている風が強く吹いている感想
ここ数年は新年一冊目はこの本。本当ならこれを読み終えて、箱根駅伝を見たかったのだが、うまいこといきませんでした。爽やか、キラキラ、仲間、走ることの楽しさや美しさ、成長、恋、まさに青春というキーワードがてんこ盛りで、読んでいてとても気持ちがいい。この本を読み終わると、毎度自分も走りたくなるが、雪道のため断念し、雪が溶ける頃にはすっかりそんな気持ちもなくなってしまうので、読む時期を変えたら、自分もランナーデビューできるかもしれない。今のところ私にとっては再読する唯一の一冊です。
読了日:1月10日 著者:三浦しをん

読書メーター

拍手

当選しました

レンジでミルクティーが美味しく作れるようです。
我が家は牛乳がないので、豆乳で作ってみました。
雪かきのあとに美味しくいただきました。

拍手

12月に読んだ本

12月、特に後半は本を読む時間が取れなかった。
それでも、少しでも読めたことに○。
2015年は月6冊ペースを目標にしているので、
ワシワシと読んでいきたい。

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1517ページ
ナイス数:686ナイス

キャロリングキャロリング感想
テレビをちらほらと見てしまっていたので、まっさらな状態で本を読めなかったのが私的には残念だった。でも、本の登場人物のイメージはテレビでも上手に反映されていたと思う。航平家族については、航平には不本意だったかもしれないが、なんでもかんでもハッピーに終わらせる展開よりも私は好きだ。にしても、航平は大人すぎる。今時の小学生はこんななのか。赤木ファミリーの面々は好きだなぁ。いい人というのがちょっとしたことから伝わってくるんだよね。花瓶の件(くだり)でクスクスして、レイの最後の行動でグッときました。
読了日:12月31日 著者:有川浩
もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)感想
漫画なのでサクサク読了。このての本をいつまでも読んでいる自分に情けなさも感じるが、生活習慣を変えるという点には、将来のことを考えると納得。一番感心したのは著者の観察力。また、お料理の品数を増やす点については、実行しなければと強く思った。なぜなら、自分も10キロ痩せた時はそうしてたから。いつの間にか元の感じに戻ってるんだよねぇ。そして、考え方の違いにも着目。太めさんにありがちなのは、ご褒美は食、ストレス解消も食、というようになにかにつけ食する場合が多いことに気づく。
読了日:12月21日 著者:わたなべぽん
教場教場感想
4月に予約した本がやっと手元に。最初からドキドキ、ピリピリする内容。が、思ってたものとはかなり違っていたので、いい意味で裏切られた感もある。ラストは私的にはラストっぽくない内容だったのがあれあれあれという感じだったが、もしかしたら私の読み込みが浅いせいかもしれない。タックスタックスタックス、ぜいぜいぜいのくだりが印象に残った。帯の紹介文のイメージとは違ったかなぁ。
読了日:12月16日 著者:長岡弘樹
札幌アンダーソング (単行本)札幌アンダーソング (単行本)感想
タイトルの「札幌」という文字、カバーの美少年イラスト、本屋さんで素通りできませんでした。内容はどちらかといえば気持ちのよくないものではあるが、登場人物と作家さんの筆力によって、なんともいえない華やかさを感じるものでした。その華やかさは、美男美女が多く登場していることが一因に思う。それから、読者目線のキュウちゃんのまっすぐな爽やかさ。札幌中心部が舞台だったことも○。謎解きもあいまって、あっという間に読みおわりました。シリーズ化を大いに期待します。次回のカバーイラストはカッコいい根来さんと秋奈さんカップル希望
読了日:12月5日 著者:小路幸也
銃口〈下〉 (小学館文庫)銃口〈下〉 (小学館文庫)感想
前半とはうってかわって、怒濤の展開です。胸が苦しくなるようなシーンもあったが、戦争がいかに人を社会を狂わせるものかと実感しました。そんな中でもいい上官に出会った竜太はよかったと思う。大事な人を亡くすことは哀しかったが、家族や芳子さんなど、まわりの人にも恵まれていたと思う。理不尽なことを受け続けた竜太だったが、最後はいい感じで終わったので、読後感はいいとは言えない内容だが、十分だと思う。
読了日:12月3日 著者:三浦綾子

読書メーター

拍手

■カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■最新コメント
[02/26 もも]
[02/26 参加してました]
[02/06 NONAME]
[09/05 御伽草子]
[05/07 Cruloulfuck]
■アーカイブ
■ブログ内検索
■バーコード
■ジオターゲティング

ジオターゲティング
■アクセス解析
■カウンター
■What time is it now?
■ご覧の皆様へ
ブログに関係のないコメントは削除させていただきますm(__)m
■最近読んだ本
最近読んだ本
■コミック所蔵数
コミックダッシュ! mmomomo の所有コミック