忍者ブログ

好きな言葉は「双子素数」

日記のような備忘録のような内容です。北海道江別市在住。

2019.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FB 2014/12/28

ボストンバッグのファスナーの交換をお願いしたら6,000~7,000円かかるとのこと。想定していた値段よりもかなり高かったので、一旦保留。もっと安いところはないだろうか?

8連休とか9連休とか聞こえてきますが、主婦の私に休みはない。年末年始は逆に忙しいから。日常の家事にプラスしてやることてんこ盛り。同じ境遇の方、エイエイオー。

拍手

PR

FB 2014/12/27

除雪車が置いてった雪は案の定重くて、昨日の雪かきのあとではけっこうシンドイです。休み休みやっていこう。

雪かき終了のご褒美にラーメン屋さんに行きたかったけど、ひとりで行けないので断念。多くの人がひとりでも行ってるのだから、行けないはずはないのだが、やっぱり行けない・・・。さて、お昼は何にしようかしらね。

拍手

サンプル品当選しました

化粧水のみですが、それでも嬉しいです。

拍手

BIGBANG 札幌ドームにて

BIGBANG、2回目の札幌ドームライヴでした。

スタンド席最前列という好位置ながら
照明用の塔が目の前に。
これはと思ったが、
そんなに邪魔なものではなかった。
その点も考えて作られているんだろうな、うん。

今回のアリーナ席は360度座席。
なので、正面というものがあるようなないような。
前にも見たことあったんですが、
私は360度座席は好きくない。
前のステージの作りの方が好きだったな。
中央に大きなステージ、
その背面に照明やらグラフィックやらで
会館系よりかなり華やかになるのが好き。

前も今回も使用していた
床から吹き出す色とりどりの炎。
火薬の匂いがしてくるのも好き。

ピンスポットが当たっていれば、
どこから当てているのか見たりもした。

ライヴやお芝居では
ステージセットや照明なんかも気にします。
これは市民ミュージカルで照明係をやったことが
関係あると思われます。

開演から20分ほど遅れて、まず前座の若手グループ登場。
私はぜんぜん知らなかったグループだった。
申し訳ないが、私は前座はなくてもいいと思っている。

やっとBIGBANG登場。
一曲目がfantastic babyだったので、
一番好きな歌がそうそうに歌われて
楽しみがなくなった感もあったが、
そんなこともなく楽しめした。
最後の方でもう一回歌ってくれたし。
本人たちの顔は肉眼では分からないが、
スクリーンも見ながら
となりのお姉ちゃんの絶叫も聞きながら
3時間ほど立ちっぱなしのライヴとなりました。

一番好きだった演出は
中央で円柱形の箱に囲まれ
その中央にあるカメラで
彼らがスクリーンに映し出されるというもの。
カメラに思いっきり近づいたり、
寝っ転がったりと
サービスカット満載の演出でした。
ここの部分、文章で表現しづらい。自分だけしかわからんな。

とにかく楽しかった。
見えないハートがたくさん飛び交ってるような
HAPPYオーラがいっぱいの札幌ドームだったように感じました。

拍手

11月に読んだ本

11月は小説系があまり読めなかったのが残念。
でも、ほげちゃんが読めたので良かった。
12月もあまり読めなさそうな予感。

2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1381ページ
ナイス数:584ナイス

ほげちゃんまいごになるほげちゃんまいごになる感想
ほげちゃん、熊だったんだ。私の中では、ほげちゃんはほげちゃんだよ。ほげちゃんは大人なのか子どもなのか?子どもだと思っていたのが、思考がけっこう大人っぽかったから。第3段もつくって欲しいです。お父さんが付けてくれたセンスのないネーミングも、今となってはとても愛らしい。
読了日:11月30日 著者:やぎたみこ
できた!電気代600円生活できた!電気代600円生活感想
電気代600円とは。読んでみなければと思い図書館へ。出版は3.11も大きく影響していたようだ。それはわかるなぁ。具体的な事例が多数掲載。私が実践してみたいものもあったりしたが、同居人がすでにいる場合はそのことに対しての理解も必要でハードルは高い。根っこには世界平和。何よりご本人が楽しそうでいい。
読了日:11月23日 著者:はらみづほ
主婦が1日30分で月10万円をGetする方法 ―かんたん たのしく つづけられ むりなく リスクなし主婦が1日30分で月10万円をGetする方法 ―かんたん たのしく つづけられ むりなく リスクなし感想
起業に興味あるこの頃なので、参考になることもあるかと思い読んでみました。で、自分はやりたいことをもっと絞りこまないと先に進めないなという結論に。興味のあることは多いのだけれど、まだビビビとくるものに出会ってないので、その辺は長いスパンで考えていくことに。PCを使っての宣伝や集客は勉強になりました。やはり今時はPCと仲良くなっておいた方が何かといいようだ。タイトルには主婦と入っているが、副業を考えている方には参考になるのではないだろうか。まずは自分の得意分野というか好きなことを見つけようかと。
読了日:11月23日 著者:山口朋子
銃口〈上〉 (小学館文庫)銃口〈上〉 (小学館文庫)感想
三浦綾子さん初読み。読むのにけっこう時間がかかってしまいました。竜太が大人になった頃から、ちょっとおもしろく感じてきたが、日常をなげうってまで次々読みたいという気持ちはわいてきていない。タイトルがどのように絡んでくるのか、上巻がとってもいいところで終わってしまったので、その点では下巻は楽しみである。
読了日:11月16日 著者:三浦綾子
これは本これは本感想
なんというか、本っていいよねとしみじみ思うのでした。小さい方だったら、どんな風に感じるのだろうか? 絵がけっこう好みです。特におサルがいい。
読了日:11月16日 著者:レインスミス
さんすくみ 9 (フラワーコミックスアルファ)さんすくみ 9 (フラワーコミックスアルファ)感想
孝仁くんと工くんに進展あり。小旅行では今までになかったハードボイルドな展開が新鮮だった。いいところで9巻が終わってしまったので、またしばらく待つのがもどかしいです。
読了日:11月14日 著者:絹田村子
乙女の教室乙女の教室感想
年を取ってきた自分は随分図々しくなっていた。それじゃいかんと気づかせてくれた本。三輪さん、ありがとう。一番心に残ったのは、芸術に親しむことを我慢しなくてもいいんだといってくれたようで嬉しかったこと。国籍も性別も関係なく、人間としての有り様を、三輪さんの言葉で語られていて、いちいちそうねそうねと頷くばかりでした。これからは自然と笑顔でいられるようになりたいと思うのでした。
読了日:11月2日 著者:美輪明宏

読書メーター

拍手

陣内麻友美 中原聡章 ジョイントリサイタル

 2014年11月29日(土)15:00開演
札幌バプテスト教会
ペアチケットが当選したので行ってきました。一人でしたが。ここの教会はパイプオルガンがあるとの事前情報を得、それが聴けるのを楽しみにしていましたが、使われませんでした。残念。休憩時間に珈琲もいただけることを楽しみにしていましたが、あまりの人の多さにこちらも断念。そして、内容はオペラ。実は苦手でした。でも、字幕付きのコーヒー・カンタータは思いの外楽しかったです。

拍手

10月に読んだ本

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:754ページ
ナイス数:725ナイス

スズメ――つかず・はなれず・二千年 (岩波科学ライブラリー〈生きもの〉)スズメ――つかず・はなれず・二千年 (岩波科学ライブラリー〈生きもの〉)感想
ここで何度か見かけていた本。庭で雀が激しくたくさん鳴いているときに、思い出して図書館へ借りにいきました。昔から身近にいる割にはあまりその生態はわかっていないようです。調査の大変さ、雀への愛が伝わってきました。雀って可愛い。この冬は餌台を復活させようかしら。
読了日:10月13日 著者:三上修
むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)むしをたべるくさ (ふしぎいっぱい写真絵本)感想
写真がきれい。ハエトリグサ、モウセンゴケ、ウツボカズラ、サラセニア。どれも赤色がアクセントになっていて、私好みの色合いです。花がとっても可憐です。他にもまだまだあるようで、ウサギゴケなんて、見た目とっても可愛いです。
読了日:10月4日 著者:伊地知英信,渡邉弘晴
やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)感想
断面からその野菜を当てっこする構成。白黒の断面では大人でも確証が持てないのもあるかもしれない。
読了日:10月4日 著者:きうちかつ
星々たち星々たち感想
2日で読了。読みやすかったです。前に読んだ「蛇行する月」のような構成。好きです。千春と彼女にかかわった人々のお話。章が変わるたびに千春にビックリさせられた。最終章では希望が感じられる終わりかた、読後感はいいようにも思う反面、その後の千春はどうしたのかと頭の中でグルグル。桜木作品のなんともいえない空気感が好きです。
読了日:10月4日 著者:桜木紫乃
くだもの (福音館の幼児絵本)くだもの (福音館の幼児絵本)感想
写実的な絵の果物たちはとっても美味しそうだと思った。「さぁどうぞ」と言われちゃったらねぇ。イチゴのツヤツヤ感に釘付け。
読了日:10月1日 著者:平山和子
ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)感想
シンプルな絵と言葉。小さい方々にはいいと思う。
読了日:10月1日 著者:せなけいこ
てんぐのがっこうてんぐのがっこう感想
てんぐはからすだけじゃない。楽しかった。
読了日:10月1日 著者:やぎたみこ
お金が貯まるのは、どっち! ?お金が貯まるのは、どっち! ?感想
Part1、part2はフムフムト参考にしたいこともあったが、part3は著者のメイン収入であると思われる不動産関係について述べられていて、この点についてはもっと若い時期に知っていればなぁなどと読みながらおもった。不動産収入を考えたことがなかった方でもやれそうな気がするので、参考になる方もいるかもしれない。
読了日:10月1日 著者:菅井敏之

読書メーター

拍手

9月に読んだ本

今月は冊数は少なかった。
桜木作品と有川作品、
あいかわらず良かったです。

2014年9月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:762ページ
ナイス数:965ナイス

蛇行する月蛇行する月感想
まったく個別の短編ではなくて、ちょっとづつ関係しているのだな、と思っていた。語られている時間は古→新となっていて、これがどんな意味を持つのか最初はわからなかった。最終話を読み終わる頃、ちょっとづつ関係なんてものではなかったことに気づく。読後の頭の中は順子でいっぱいになる。この構成は凄いなと思った。桜木さんへの期待度がレベルアップしました。
読了日:9月26日 著者:桜木紫乃
明日の子供たち明日の子供たち感想
厚みのある本でしたが一気読み。これはいつもの有川作品とは毛色が違うのかと思っていたら、中盤辺りからポツポツと、終盤辺りでは有川さんらしい、こちらが恥ずかしくなるような、私が有川作品に期待する文章で、ニマニマと読み終えることができました。「しましまじろう」「かいけつゾロリン」「ウニクロ」など、敢えて分かりやすくしたのがセンスがいいのか悪いのか(笑)。アッコちゃん、渡会くんの件(くだり)は出来すぎ感は否めないが、久志と福原施設長とのこととあわせて、いいエピソードだったと思う。(続く)
読了日:9月15日 著者:有川浩
さみしかった本さみしかった本感想
淡い絵柄が落ち着きます。内容もめでたしめでたしでいい感じです。読みたい本をピンポイントで借りるのが多い自分。たまには図書館で素敵な出会いを求めるのもいいかもしれないと思いました。
読了日:9月6日 著者:ケイトバーンハイマー
キャラメルと飴玉キャラメルと飴玉感想
絵本になりそうなカラフルなお話だった。自分は黒板と黒板消しで夜中にお話ししている旨の詩を小学生の時に書いたのを思い出した。キャラメルと飴玉の激論も有無を言わせぬラストで、短い文章だからこそ読後感が色濃いものとなっているような気がした。
読了日:9月4日 著者:夢野久作
北海道民のオキテ北海道民のオキテ感想
美容院で途中まで読んで、図書館で予約待ち。図書館では人気なようで少し待って自分の番がまわってきました。道民の自分ですが、これは北海道だけだったのかというのが多くて、その点の自覚が足りなかったのが補填されました。子供の頃に使っていたけど、今は使わなくなった言葉に懐かしさを覚えました。楽しく読みおわりました。
読了日:9月3日 著者:さとうまさ&もえ

読書メーター

拍手

8月に読んだ本

小路幸也さん祭りをゆるゆると始めました。

2014年8月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1807ページ
ナイス数:468ナイス

そこへ届くのは僕たちの声 (新潮文庫)そこへ届くのは僕たちの声 (新潮文庫)感想
SFともファンタジーとも言いがたい不思議な空気感がありました。途中、内容が理解できない部分もあり、不安を覚えながら読み進めていくと、後半で一気に全部がつながってクライマックスへとなりました。みんなの覚悟がひしひしと伝わってきました。ラストはどうなるのかドキドキしながら、読むのが止まりませんでした。ショートのお母さんの件(くだり)がうるうるしました。お母さんの気持ちはわかるよ、うん。読んでいたら、どうしても小惑星探査機のはやぶさについても頭をよぎってもいた。かほりのお父さんについてはひとひねりあってほしかっ
読了日:8月30日 著者:小路幸也
きのう何食べた?(9) (モーニング KC)きのう何食べた?(9) (モーニング KC)感想
水色ベースの表紙カバーが涼しげでいいです。で、内容は今回も美味しそうなレシピいっぱいでした。レシピ本が出るなら、抜粋じゃなくて、完全版でぜひお願いしたいです。ご飯作りは得意じゃないけれど、この本を読むと無性に作りたくなります。実は肉団子を作ったことなかったので、ぜひ作ってみたいと強く思ったのでした。次巻もとっても楽しみです。
読了日:8月27日 著者:よしながふみ
すえずえすえずえ感想
今回も楽しく読みおわりました。若だんなが大人になってきた。お嫁さんかー。この先も楽しみだなー。猫じゃ猫じゃが楽しそうだった。
読了日:8月21日 著者:畠中恵
Q.O.L.Q.O.L.感想
起承転結のわかりやすい構成が読んでいて気持ちがいい。重たい過去を持つ3人だが、今の穏やかな生活が物語全体の空気感となっている。中盤辺りから先が読めなくて、気になって一気に読んでしまった。達哉がすごいなと思った。表紙カバーの折り返し部分の縞々が好きです。
読了日:8月13日 著者:小路幸也
たまこラブストーリー ノベライズ (KAエスマ文庫)たまこラブストーリー ノベライズ (KAエスマ文庫)感想
アニメを見て、ノベライズ版「たまこまーけっと」を読み、映画を見て、本作品を読むという流れでやってきました。いやぁ、よかったよかった。たまこ、みどり、チョイの3人目線のそれぞれの成長。たまこ、みどり編では映画のシーンがいろいろ思い出されました。チョイに至っては思っていたことが形になる結末だったので満足満足です。映画でもそうだったが、やはり「かたじけねぇ」に勝るものはないです。かんな、しおり、もち蔵バージョンもあったらいいのに。
読了日:8月7日 著者:一之瀬六樹
COW HOUSE―カウハウスCOW HOUSE―カウハウス感想
図書館にて。COWHOUSEカウハウスってなんだ?帯によると丑年の面々が豪邸に集まるらしい。なんか面白そう。いずれ小路幸也祭をせねばと思っていたし。中学生から70代のいろんな世代の登場人物。皆いい人ばっかりで、読んでる間中、いい気持ちだ。映像作品としても面白そうな内容だ。私なりに配役を考えたりして遊ばしてもらった。にしても、スーツで仕事をしている方に問いたい。スーツの上着を人差し指でひょいと肩に引っかけて、反対の手をポケットに入れて立つというダンディなポーズは日常なのでしょうか?
読了日:8月3日 著者:小路幸也

読書メーター

拍手

7月に読んだ本

7月は漫画月間でしたな。
たまにはそんな月もあってもいいと思う。

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:46冊
読んだページ数:6711ページ
ナイス数:769ナイス

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 3 (ビームコミックス)目玉焼きの黄身 いつつぶす? 3 (ビームコミックス)感想
いろんな食べ方があることに関心もするが、それ以上に二郎にイライラしてきた。二郎は食以外でもうっとうしいのか、食についてだけうっとうしいのか。気にしすぎだよね。アニメ化にもなるようで。
読了日:7月31日 著者:おおひなたごう
少年H (下巻)少年H (下巻)感想
戦争、終戦を経てのH少年の心の変化には、ふむふむと思ったり、心が痛むこともあった。特に、終戦後の行き場のない気持ちに、読む側としても力が入った。M1カービン銃と三八式歩兵銃との違いに力の差をはっきりと感じ、それを知らないでいたことへの憤りや悲しみ。被災住宅でのストレス。戦争は全くいいことがない。著者のせっかくの思いがあるのだから、子どもたちにも読んでほしいと思った。
読了日:7月30日 著者:妹尾河童
月刊少女野崎くん(5) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(5) (ガンガンコミックスONLINE)感想
安定した面白さ。5巻になってもまだまだ勢いを感じます。最初は高校生らしさを感じなかった野崎くんだったが、高校生ゆえのおバカっぷりが安心感を覚える。そこら辺においておくとすぐ読むことになってしまうので、見えないところに移動せねばならないほど危険な本となった。持ち歩きようにもうワンセット買おうかどうか真剣に悩んでいる。が、外で読むには適さない本であることも確か。みこりんフィギアをゲットするかどうかも悩み中。
読了日:7月26日 著者:椿いづみ
月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん (4) (ガンガンコミックスONLINE)感想
相も変わらずおもしろいです。第40号表紙の千代ちゃんの表情がいいなぁ。都先生もいい感じ。剣さんはいつも不機嫌な怒った風な表情なので、笑った顔も見てみたいなぁと思うこの頃。
読了日:7月25日 著者:椿いづみ
月刊少女野崎くん(3) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(3) (ガンガンコミックスONLINE)感想
1巻は黄緑、2巻は赤、3巻は青、と表紙カバーの色の変化が好きです。前野さんと剣さんの件、剣さんの苦労が体型に出ていたとは・・・。高校生漫画家に対する周りの妄想が凄かった。お腹が痛くなるほど笑って、笑いすぎて涙も出てしまったのは、第26号都先生と野崎くんと千代ちゃんの話を都先生の大学のお友だちが聞いている件。ここだけ繰り返して読んじゃいました。この漫画面白すぎます。
読了日:7月25日 著者:椿いづみ
月刊少女野崎くん(2) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(2) (ガンガンコミックスONLINE)感想
4コマだけど、らしくない感じがいい。思わず声を出して笑っちゃうところもあり。野崎くんと千代ちゃんの相合い傘、千代ちゃんには悪いけど、笑わせてもらいました。キャラのそれぞれもおもしろさパワーアップしてます。そして、千代ちゃんがセーラー服を着る日はやってくるのか!
読了日:7月25日 著者:椿いづみ
月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)感想
いやー、つい読んでしまう。2回目でもおもしろい。アニメにはなかったブリーフランドバルテンイッシュのところが一番好き。
読了日:7月24日 著者:椿いづみ
月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)感想
アニメで見ていて原作も非常に気になった。4コマ漫画だけど、話が繋がっていて、絵もアニメと同じで好きな絵柄です。試しに1巻をKindle版で購入したのですが、ぜひ紙の本でお家に置いておきたい。
読了日:7月24日 著者:椿いづみ
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ (福音館の科学シリーズ)ちきゅうがウンチだらけにならないわけ (福音館の科学シリーズ)感想
いろんな動物たちが出てきて見ていて楽しい本だ。最後の問いかけには考えさせられた。
読了日:7月23日 著者:松岡たつひで
たいせつなきみたいせつなきみ感想
内容のコンセプトは伝わってくる。絵と文章は大人っぽい。
読了日:7月23日 著者:マックス・ルケード
りんごかもしれないりんごかもしれない感想
図書館に返す前にもう一度読んでみた。心に残る絵本になりそうです。いつまでも心に残っていたら買うかもしれない。
読了日:7月23日 著者:ヨシタケシンスケ
かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)感想
児童書。メイベルは、くいしんぼうでちょっとふとめの、かわいいゴキブリのおんなの子。3つのおきてを固く守って、おとなしく暮らしていたはずなのに、食いしん坊ゆえの大騒動。表紙カバーもピンク色でかわいい。メイベルの行動は自分のダイエットについて思い出させる。おいしいものには意思も弱くなります。でも、ビーボディの奥さんはお気の毒。
読了日:7月23日 著者:ケイティ・スペック
ぬらりひょんの孫 25 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 25 (ジャンプコミックス)感想
読み終わってしまいました。おもしろかった、そして、読み終わってしまってさみしい。本編あっての番外編ですが、この巻では番外編が一番よかった。リクオ、ゼン、ショーエイのいい話、リクオのご乱心、花開院の話、半妖の里、おまけのおまけ、どれもよかった。本編については、ストーリーの構成、想像を越えた展開、キャラクターのかっこよさ、25巻にわたっていい時間を過ごすことができました。最終巻、カバーのお三人が素敵です。そして、全編を通して、自分のお気に入りさんが死ななかったというのもとても良かった。
読了日:7月16日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 24 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 24 (ジャンプコミックス)感想
妖しいビジュアルの晴明、そのはかりしれない力を「天文操作」で感じました。次の最終巻、あの人やあの人やあの人がどんな風に暴れてくれるか楽しみです。ぬらりひょんがまさか・・・さすが妖怪、そんなこともできるのですね。
読了日:7月16日 著者:椎橋寛
ばななせんせいばななせんせい感想
前から気になっていた絵本でした。タイトル通り、ばななせんせいが遊んでくれる内容。いろんな野菜も登場するので、小さい子にも楽しそうな絵本です。
読了日:7月15日 著者:得田之久
とうふさんがね… (おいしいともだち)とうふさんがね… (おいしいともだち)感想
なんともほのぼのする内容でした。「しんぱいごむよう」いいセリフだ。皆幸せそうなのが、見てるこちら側にも伝染します。
読了日:7月15日 著者:とよたかずひこ
うどんのうーやんうどんのうーやん感想
前から気になっていた絵本でした。こんなお話でしたかー。いやぁ、楽しかったです。人手不足の影響がこんなところにも・・・。関西弁がリズムよく元気よくて心地よいです。「ちくわのわーさん」「こんぶのぶーさん」もあるようだ。こっちはどんな話かなぁ。
読了日:7月15日 著者:岡田よしたか
かえるくんのあたらしいともだちかえるくんのあたらしいともだち感想
優しい気持ちになりますね。ただ、こぐまくんを待ってる誰かはいないのだろうかと考えた。
読了日:7月15日 著者:マックスベルジュイス
りんごかもしれないりんごかもしれない感想
おぉ、なんかいい。りんごひとつでここまで考えられちゃうのがすごい。シンプルな絵も好きです。髪の毛、帽子がいっぱいのところと、きょうだいがいっぱいのページが好きです。
読了日:7月15日 著者:ヨシタケシンスケ
ひみつのカレーライスひみつのカレーライス感想
井上荒野さん作ということで興味を持ちました。カレーのなる木ってどういうものかと想像しにくかったが、なるほどー。お父さんとお母さんが和服だったのが新鮮。
読了日:7月15日 著者:井上荒野
おかあさんのパンツおかあさんのパンツ感想
子どものパンツをお母さんがはいたら模様が・・・。という内容。最後のお母さんのセリフに同意。続編もあるようです。
読了日:7月15日 著者:山岡ひかる
江戸の子ども ちょんまげのひみつ江戸の子ども ちょんまげのひみつ感想
ちょんまげの形、子供時代の髪型の変化など、知らないことも多かった。柔らかい絵がいいです。
読了日:7月15日 著者:菊地ひと美
ぬらりひょんの孫 23 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 23 (ジャンプコミックス)感想
御門院陰陽師たち、できる奴にありがちな、悪に染まるタイプ。土蜘蛛&ゆらちゃん、ゆらMAXゆらMAXゆらMAX、やけになるよね、そりゃー。そして、ロン毛ゆらちゃん、綺麗だ。狂骨ちゃん、御姉様との再開にちょっと感動。あと二巻で終わりかと思うとさみしい。でも、これからが楽しみでもある。
読了日:7月14日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 22 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 22 (ジャンプコミックス)感想
御門院家、清浄。これからどうなるのか、ハラハラします。酒呑愚連隊若頭獺祭、バンカラな感じがいいですなぁ。どんな風に暴れてくれるか楽しみです。恐山の秋房さん、感じが変わりましたねぇ、優しい感じに。「たとえそれが修羅の道だとしても、この道は絶対譲れねぇ」この時のリクオ君の顔が好きです。
読了日:7月14日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 21 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 21 (ジャンプコミックス)感想
「大事なもんの為に命はれる。それが強さってもんだ」「鬼纏うぞ。オレの刃になれ!!」この台詞にメロメロです。
読了日:7月14日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 20 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 20 (ジャンプコミックス)感想
人が大量に巻き込まれると、フィクションとはいえ、背筋がゾクッとする場面が多い。リクオ君もまたひとつ成長して、どんどんかっこよくなっています。清継君、あまり好きじゃなかったが、今回は応援するぞ。おるるるRUあああ。
読了日:7月14日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 19 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 19 (ジャンプコミックス)感想
百物語の作戦、怖い。でも、きっとそれに勝つだろうという思いはあるものの、誰かがいなくなってしまう悲しいことが今後あるかもしれないなんて考えも頭をよぎる。だんだん最後に近づいてきているのが寂しくなってきてもいる。それにしても、人間はそんなに簡単に殺すことに傾くだろうか。
読了日:7月14日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 18 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 18 (ジャンプコミックス)感想
まるまる二代目時代の話。黒田坊って。。。笠無しの姿はお初だったかも。表紙カバーのイラスト、女子二人がいい感じです。過去の話で現代につながるなるほどがなんかスッキリです。
読了日:7月13日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)感想
ちょっと怖い話「切裂とおりゃんせ」「人を喰らう村」「地下鉄の少女」。独立した話にもなるが、きちんと次の「百物語」につながっていく見事な流れ。竜二君ってまだ高校生だったんだ、ビックリ。清継君のビジュアルちょっと変わったかな、髪の毛のウェーブ具合とか。。。
読了日:7月13日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 16 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 16 (ジャンプコミックス)感想
京都編いったん休憩というところでしょうか。カバー下のNRR48、センターはやっぱりつららちゃんかぁ、今まで登場した女の子で48人はいないのかしらね。ぜひともフルメンバーもみたいです。つららちゃんと荒鷲組いい話でした。鴉天狗の奥さん超美人、三羽鴉はお母さん似かしら
読了日:7月12日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 15 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 15 (ジャンプコミックス)感想
番外編 浮世絵中奇譚がよかった。羽衣狐のよりしろも何かつながっているようだし、次巻はいよいよ鵺誕生か!
読了日:7月12日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 14 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 14 (ジャンプコミックス)感想
鵺の正体にはビックリ。ダースベーダーがいかにしてダースベーダーになったのかと通じるものを感じた。愛だねぇ。つららちゃんの女心にもニヤニヤしちゃったり、緊張の中にもゆるい場面もあり、バランスのよい筋になっていると思います。どんどん読んでいきまーす。
読了日:7月12日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 13 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 13 (ジャンプコミックス)感想
土蜘蛛戦に入りました。土蜘蛛ってなぜか嫌いじゃないんだよね。リクオ君もバージョンアップしていい男っぷりです。ほれぼれします。
読了日:7月11日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 12 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 12 (ジャンプコミックス)感想
京都編じっくり進んでいます。巻末の番外編、好きだなぁ。
読了日:7月11日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 11 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 11 (ジャンプコミックス)感想
京都に入ってすこしづつ羽衣狐に近づくようです。リクオ君、あっというまにたくましくなりました。かっこいい。
読了日:7月11日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 10 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 10 (ジャンプコミックス)感想
京都に着きました。いよいよですなぁ。みんながんばれー
読了日:7月11日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫  9 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 9 (ジャンプコミックス)感想
遠野修行終わりましたな。いよいよ京都の妖と対決かぁ。リクオ君がどんどん成長してるのがいいですなぁ。
読了日:7月10日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 8 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 8 (ジャンプコミックス)感想
珱姫とぬらりひょん、素敵なカップルだねぇ。愛の力だねぇ。そして、リクオ君の遠野修行始まりました。ここらへんはアニメでも見たので、復習的な感じで読み進みます。
読了日:7月10日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 7 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 7 (ジャンプコミックス)感想
陰陽師、京都妖怪。また新たなドキドキが始まります。読むのが止まりませんのー
読了日:7月10日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)感想
表紙カバー、三羽鴉かっこいい。夜雀が次出てくるときが楽しみ。魅力的な人物(妖怪)が多くていいですねぇ。しばらくこの世界に浸れることにワクワクです。
読了日:7月9日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 5 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 5 (ジャンプコミックス)感想
あー、いいところで終わってしまった。続き続き。玉章どうなる? いい心はないのか?
読了日:7月9日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)感想
犬神の気持ちに心がいたくなり、千羽様には夏目友人帳の空気を感じた。どんどんおもしろくなってます。
読了日:7月9日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 3 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 3 (ジャンプコミックス)感想
牛鬼の覚悟泣けてくるねぇ。3巻目で本体表紙のイラストを発見。透けて見えなかったら、ずっと気づかなかったと思う。魅力的なキャラクターたち、バトルといった、人気のある王道な構成。次々読みたくなってしまって困っています。時間がぁ。。。
読了日:7月9日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 2 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 2 (ジャンプコミックス)感想
覚醒したリクオ君がかっこよすぎる。ぬらりひょんをこのビジュアルにした作家さんがすごいと思う。
読了日:7月9日 著者:椎橋寛
ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 1 (ジャンプコミックス)感想
娘のところに送る前に急いで読むことに。最近、漫画を読みなれてなかったが、一冊読み終わる頃には慣れてきた。内容がいいからだなぁ、どんどんページをめくっています。次々いきまっせ。
読了日:7月9日 著者:椎橋寛
美術モデルのころ美術モデルのころ感想
図書館で呼ばれました。けっこうきれいな本だったので最近でたのかなぁとうしろをみたら、2005年発行。それほど新しくもなかった。小説やエッセイの棚にはなかったので、人目につかなかったのかもしれません。美術モデルのあれやこれやばっかりじゃなかったのが想定外。でも、私は美術モデルネタだけで書いてほしかったな。美術モデルの頃の著者のレンアイ事情が一番心に残る内容でありました。でも、そのレンアイ事情はもやもやするものでもありました。絵の雰囲気は好みのタイプです。テント小屋のお芝居についてはもっと知りたかった。
読了日:7月3日 著者:長島はちまき

読書メーター

拍手

■カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■最新コメント
[02/26 もも]
[02/26 参加してました]
[02/06 NONAME]
[09/05 御伽草子]
[05/07 Cruloulfuck]
■アーカイブ
■ブログ内検索
■バーコード
■ジオターゲティング

ジオターゲティング
■アクセス解析
■カウンター
■What time is it now?
■ご覧の皆様へ
ブログに関係のないコメントは削除させていただきますm(__)m
■最近読んだ本
最近読んだ本
■コミック所蔵数
コミックダッシュ! mmomomo の所有コミック