忍者ブログ

好きな言葉は「双子素数」

日記のような備忘録のような内容です。北海道江別市在住。

2019.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月に読んだ本

小説系が少なかった。
「少年H」にことのほか時間がかかってしまったからだと思う。
これから読む下巻も時間がかかりそうだ。

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:1863ページ
ナイス数:574ナイス

ぱんつくったよ。ぱんつくったよ。感想
言葉遊びの絵本。「ぱん つくったよ」「ぱんつ くったよ」というように、区切った場所で文の内容が変わるというもの。無理やりな文もあったが、子どもは一生懸命考えながら、楽しめると思う。
読了日:6月30日 著者:平田昌広
こんや、妖怪がやってくる――中国のむかしばなしこんや、妖怪がやってくる――中国のむかしばなし感想
絵柄から読みたくなる感じではないが、内容はいい。猿かに合戦的なお話で楽しい。小さいものたちが力をあわせて大きなものを退治するというのは痛快でいいですな。
読了日:6月30日 著者:君島久子
江戸の子ども 行事とあそび12か月江戸の子ども 行事とあそび12か月感想
見開きでひと月、合間に遊びの種類紹介など。あれもこれも江戸時代から続いてたんだぁ、すごいなぁ。柔らかい絵と色彩で心地よいです。ぶりぶりっていうのはお初でした。なぜぶりぶりと呼ぶのか知りたい。
読了日:6月30日 著者:菊地ひと美
少年H (上巻)少年H (上巻)感想
読書会お題本。読みやすくて、内容もいいのだが、その構成ゆえ読了に時間がかかってしまった。区切りが短いのです。区切りで本を閉じることが多いので、時間がかかってしまいました。子どもにも読んでほしいという観点からの構成だろうか。でも、ふりがなについてはけっこう助かった。漢字の読みに迷うこともなく、特に地名については正しく、スムーズに読むことができた。Hの子ども時代、賢くてやんちゃで、たくましいなぁと思った。戦争真っ只中、それが日常に侵食している様が子ども目線から、わかりやすく表現されていた。下巻も楽しみです。
読了日:6月30日 著者:妹尾河童
1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法感想
起業ということにハードルは感じていなかったが、その種類を知りたくて読みました。確かに、そんな仕事もあるんだと思ったものもあったが、それをそのまま自分ができるというものはなかった。自分の得意分野をいかすということまではわかったが、そこから先は人それぞれなので、自分に何があるのか、またできるのかを考えていきたい。文章は読みやすかったので、起業なんてと思ってる方でも読んでみてもいいかもしれないと思った。今後一ヶ所からの収入では心もとないじゃないですか。
読了日:6月23日 著者:クリス・ギレボー
野菜だけの簡単ごはん レタスクラブムック 60161‐19 (レタスクラブMOOK)野菜だけの簡単ごはん レタスクラブムック 60161‐19 (レタスクラブMOOK)感想
テレビで庄司さんのレシピを見て、速攻図書館で探しました。塩、醤油、味噌というシンプルな味付けながらなんとバリエーションの多いことか。作ってみたいものもいくつかあった。野菜単品レシピを見直しました。
読了日:6月21日 著者:庄司いずみ
百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)感想
サクサクとおもしろく読みました。農家さんは健康で体力があっても大変そうだ。でも、楽しそうでもある。4巻も楽しみー。
読了日:6月20日 著者:荒川弘
コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)感想
佐藤さとるさんのコロボックルは読んだことはなかった。有川さんのコロボックルは正統派という印象。コロボックルって北海道なんだ、知らなかった。私は感じたことなかったけど、近くにいたかも、ていうか今もいるかも。なんて考えると楽しいではないか。村上勉さんの絵もいいです。
読了日:6月17日 著者:有川浩,村上勉
さんすくみ 8 (フラワーコミックスアルファ)さんすくみ 8 (フラワーコミックスアルファ)感想
おもしろかった。おもしろかった。一番最初のキャンプの話良かったなぁ。工くん、弱点はないんだっけ? スミス先生もただ者じゃなさそうだ。三人のあれやこれや、次巻も楽しみー。
読了日:6月13日 著者:絹田村子
スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せましたスリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました感想
体重を維持する生活習慣が重要だなということは自分も感じていた。が、その維持したい体重にまずしなければならないことに重きをおいていた自分だったが、生活習慣そのものを変化させることで自然となりたい体重になっていけばいいのだなと思った。特に目新しい習慣はなかったので、人を選ばないのもいいところだと思います。コミックエッセイなので読みやすいのも○。絵柄も好みでした。頑張る気分にさせてくれました。エイエイオー!
読了日:6月8日 著者:わたなべぽん
やってみました!「年収100万円の豊かな節約生活術」やってみました!「年収100万円の豊かな節約生活術」感想
図書館の棚から見つける。たまにこの手の本は読みたくなる。身におぼえがあるせいだと思う。30分程度で読了。真似ではなくて自分にあった方法を見つけるということに同意。文章で語られるよりは、漫画で視覚的に見た方が分かりやすいことも多いと感じた。
読了日:6月7日 著者:春原弥生
毎日がときめく片づけの魔法毎日がときめく片づけの魔法感想
すごくはやく読み終わりました。なので、読みごたえの点ではいまひとつ。前の二冊とはテイストが異なります。前は片付けの技術面が印象に残っているが、今作は精神論というか心構えというかマインド面のメリット紹介のイメージでした。本の中身のデザインはトキメキ全開です。可愛らしいです。衣類のたたみかたを写真で紹介はいいと思う。片付けの本は読むのはこれで最後にしたい、自分の不甲斐なさがしみじみと読後の私の心の中に広がったのでした。
読了日:6月3日 著者:近藤麻理恵
起終点駅(ターミナル)起終点駅(ターミナル)感想
短編集なのでスラスラいけると思っていたが、思ってたより読み終わるのに時間がかかってしまった。今作は何か物足りなさを感じた。男女の行為がなかったからかな。その辺の描写があることが生きていることをより強く感じさせてくれたように思った。江別という単語が出てきて、おぉと思ったが、話の内容から江別でなくてもいい使われ方に寂しさを感じた。桜木作品でいつか江別の細かい風景描写を読める日が来ることを期待したいです。
読了日:6月1日 著者:桜木紫乃

読書メーター

拍手

PR

プールにて

いつもは夕方過ぎに行くことが多いが、
今日は団体が入っていない時間帯で午後2時にいってみた。
団体いたー。
時間が変更になっていたようです。
60~70代のお姉さんたちが20人くらい。
いつものペースでウォーキングを終了すると、
着替えの時間が重なってしまう。
それは嫌なので、自分は早めに終了。

プールに着いたときに着替えていたご婦人。
ビーチサンダルを履いてた。
なるほどー。
シャワー室の床って髪の毛が気になるんだよ。
それ対策だな、きっと。
でも、私はそのビーサンにたまたま着いてしまった髪の毛を家に連れ帰るのがもっといや。

ウォーキング専用レーンはひとつなので、
時々数人で使うこともあるが、
自分は歩くスピードが遅いので、申し訳なく思うことが多々ある。
まだ午前中はいったことないんだよね。
予想では年配の方々が多いような気がする。
年配の方がとご一緒は苦手なんだよね~。

拍手

プチひとり暮し最終日

思いがけず夫不在のため20数年ぶりの一人暮らしでした。
5日間はあっという間でした。
あれもしようこれもしようと思っていたが、
結局いつもと同じ毎日で、
今日は夫から託された宿題をこなす一日となり、
疲れる一日なのでした。
ひとりは思うように時間を使えることはいいが、
ひとり分の食事作りは億劫で
かなり適当な食生活となっていました。
本当の一人暮らしは家族の誰よりも長生きしなければやってこないので、
これからもプチ一人暮らしがあることを願っていようと思う。

拍手

プールにて

プールの定期買いました。
1回500円、定期(ひと月)3000円。
一生けん命通う予定です。
子供の水泳教室があると
その親たちがギャラリーとしているわけで、
その方たちの目の端っこに自分が映るかと思うと
ちょっと恥ずかしい。
一般のレーンには娘(小学低学年)に教えるお父さんの姿。
それとビート板の使い方もおぼつかない男の子もいた。
男の子の両親はそろってギャラリー席。
一緒にプールに入って教えてあげないんだね。
ただ見てるだけなんだよね、不思議な光景。
気がつけば優雅にバタ足をしている方が。
私は名前のとおりバタバタしているのに、
その方はとっても優雅にバタ足をしている。
失礼にならない程度に盗み見てみたが、
同じようにできない。
なぜ?
身長の違いかしら?
手の長さの違いかしら?
練習したら私も優雅なバタ足ができるようになるのかしら?
帰りにスーパーに寄ったら
お惣菜が半額になっていたので
うっかり買ってしまった。
プールに行ってる意味がなくなりそうです。
プールに帰りにはお店に寄らない方がいいようだ。

拍手

ダイエットへの道

なかなか痩せない。
食べ過ぎなんだろうけど、
それでも年中抗ってます。
お金がかかるような方法は避けてたんだけど、
そんなこと言ってられなくなって、
プールに通うことにしました。
ばた足がヒップアップに良さそうだと
思ったのがきっかけです。
まず水着一式を買わねばなりませんでした。
袖無しセパレートタイプを試着。
脱ぎ着がしやすいように
ジッパータイプが良かったが、
ジッパーが、ジッパーが上がらん。
下はちょうどいいのに全く困ったよ。
仕方がないのでジッパー無しタイプ購入。
おやつにアーモンドを食べ過ぎたので、
早速プールへ行ってきた。
ウォーキングだけでもけっこう気持ちいいじゃん。
この塩素の匂いが好きかも、私。
調子にのってばた足をやってみた。
凄い疲れる。
はぁはぁ言いながらのばた足。
ビートバンを使ってばた足で25メートル泳ぐには
2~3回に分けてやっと到着です。
足もがくがくしてました。
初日はけっこう張り切ってしまったかも。
目標はまず続けること。一日おき位に通うのが目標です。
水中ウォーキング時は音楽聞けると退屈しないんだけど、
音楽聴きながらはダメということでした。
まぁそうだと思ってたけど、
一応聞いてみたのだ。
最近いい眠りじゃないので
今日はよく眠れるといいなぁ。

拍手

自宅でおひとり様

自営の夫と病気の娘。
私が自宅で一人の夜を過ごすことは一生ないと思っていた。
しか~し、今日その日を迎えている。
夫の一泊出張(滅多にないこと)と
娘の一人暮らし(一人暮らしをするなんて全く思ってなかった)が
重なり、
私は自宅で一人の夜を過ごしている。
一番いいことは好きな音楽を
好きなタイミングでイヤホンなしで聴くことができること。
家族がいるとイヤホンで聴かなければならなかったから。
今日リピートしているのは
この間買ったばかりのCD。

TVアニメ free! リミックス・ミニアルバム


いやぁ、買ってよかった。
もろ、好みです。

拍手

5月に読んだ本

2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2264ページ
ナイス数:327ナイス

聖☆おにいさん(10) (モーニングKC)聖☆おにいさん(10) (モーニングKC)感想
おもしろかったー。マリアさんが良かったなぁ。
読了日:5月28日 著者:中村光
つくも神さん、お茶くださいつくも神さん、お茶ください感想
エッセイは作家さんの人となりが垣間見えるようで好きです。気がついたら顔がにやけるような内容のエッセイに出会うことが多かったが、これはそんな感じではなかった。御簾越しのようなイメージ。なので、私はちょっと物足りなかった。でも、この書き方が畠中さんなのだろうなとも思った。
読了日:5月24日 著者:畠中恵
主婦川柳主婦川柳感想
隙間時間に楽しもうと思って図書館から借りてきた。1~2ページに一句なので、ページをめくり始めたらあっという間に読了。でも、繰り返したくなる内容ではなかったかな。しかし、秀逸な句もそこそこあり、そのセンスのよさに脱帽することも確かにあった。
読了日:5月19日 著者:イオンスクエア編集部
モンスターU子の嘘モンスターU子の嘘感想
ライター蒲田と元銀行員幸恵の視点からの詩子。最後はどんな終わりかたになるのかと思いながら読み進んだ。政界、暴力団、思想家、そして塀の中でも詩子の立ち回りは、自分の経験もないので本当はどんなものかはわからないが、凄いなと感じた。恐いけど、目をはなせない、そんな女のようだ。自分の周りには詩子っぽい人がいなくてよかったよ。
読了日:5月19日 著者:越智月子
死者の学園祭 (赤川次郎ミステリーコレクション 1)死者の学園祭 (赤川次郎ミステリーコレクション 1)感想
久し振りの赤川作品。相変わらず読みやすいです。一時赤川作品にのめり込んだときもあったのに、今回は前となんか違う。私が年を取ったせいかもしれないが、素直にワクワクと楽しめなかった。内容的に気持ちよい終わりかたではなかったせいかもしれない。でも、読みやすいことは読みやすい。それは昔も今も変わらなかった。
読了日:5月12日 著者:赤川次郎,米澤よう子
ダ・ヴィンチ 2014年 02月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2014年 02月号 [雑誌]感想
桜木紫乃さんの特集を読みたくてバックナンバーをお取り寄せ。自分とは違うステージの人なんだなとさみしくなった。同じ市内に住み年齢もひとつ違い、もっと親近感を感じるかなと思ったのだが。。。でも、桜木作品はずっと追っかけていこうと思ってます。好きだから。雑誌全体の感想は、台北には興味なかったのですが、いろいろな角度からの本の紹介にはメロメロでした。私には罪な雑誌です。
読了日:5月10日 著者:
走る二宮金次郎のなぞ―ひばりが丘小不思議探偵クラブ事件簿 (ファンタジックミステリー館)走る二宮金次郎のなぞ―ひばりが丘小不思議探偵クラブ事件簿 (ファンタジックミステリー館)感想
読む前の児童書だからという思い込みがいけなかったかもしれない。おもしろくないことはなかったが、ミステリーというわりにはその要素は薄く、小学生高学年の異性に対するいろいろのほうが色濃く出ていた。だが、謎についてはしっかり分かりやすく解明され、その点についてのモヤモヤは一切ないという清々しさ。所々に、あえて小学生には分かりにくい言い回しが取り入れられていて、その点も評価できると思う。本を読んでるとなにがしか意味のわからない単語や言い回しがある方が自分の中に新たにその単語が蓄積されるようで好きです。
読了日:5月6日 著者:かんざきたかし,速水翼
ワン・モアワン・モア感想
連作短編集。いつもよりテイストが軽く感じたせいなのかどうか、あっという間に読了。いつもの独特の雰囲気を期待していたせいか、少し物足りなさを感じた。ハッピーエンドな桜木作品に心がついていけず、微妙な読後感となってしまいました。でも、連作短編という形態は好きな構成なので、次々と読みたくなる気持ちにさせられました。最後の写真のイラストがあればよかったなぁ。絵心のない自分脳内でその写真をぼんやり想像しました。
読了日:5月4日 著者:桜木紫乃
目玉焼きの黄身 いつつぶす? 2 (ビームコミックス)目玉焼きの黄身 いつつぶす? 2 (ビームコミックス)感想
面白くてあっという間に2巻も読了。「焼き鳥 串から外す?」のヤスオくんのインパクトが凄かった。近藤さんの卵かけご飯セレブ食いもすごかった。私は生卵はからざを取らないと食べられません。3巻も楽しみです。
読了日:5月3日 著者:おおひなたごう
目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1 (ビームコミックス)目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1 (ビームコミックス)感想
本屋さんで目が合いました。買って正解でした。おもしろくておもしろくて。玉子焼きの黄身、とんかつのキャベツ、みかんの皮の剥き方など、よくあるシチュエーションだが人それぞれという着目がいいですね。そんな食べ方があったのかとか、そんな理由でその食べ方なのかという驚きも多い作品です。お話ごとの作家さんのコラムがけっこう楽しみです。
読了日:5月3日 著者:おおひなたごう
女装する女 (新潮新書)女装する女 (新潮新書)感想
懸賞で当たりしばらく積読本でした。平気で10年ぐらい積読しそうな自分なので、比較的早めに読んどいてよかった。内容がね、今の時代の女性たちについてでしたから。タイトルの「女装する女」こういう意味だったのかと納得。言われてみれば、そうだそうだということばかりの内容でした。今や珍しくないことを、あらためて、変化してきた過程や背景や今後がわかりやすく書かれていたので、思っていたより楽しく読むことができた。こんな本もたまにはいいもんだと思った。
読了日:5月1日 著者:湯山玲子
まくらのせんにん さんぽみちの巻まくらのせんにん さんぽみちの巻感想
まくらのせんにん、目がパッチリだなぁ。おふとんのぬくぬくはいいもんだ。私も大好きだ。しきさん、かけさんがいい。
読了日:5月1日 著者:かがくいひろし

読書メーター

拍手

人生三度目の胃カメラ

健康診断で引っかかって胃カメラ検査することに。
まぁ、なんでもないということを
確認することが主目的ではありますが。
前の2回の検査ではたいそう辛い思いをした。
なので、今回は眠り薬を投与しての検査を初体験。
いやぁ、検査中のことはほとんど覚えてないですね。
辛いことはなかったが、
検査後の自分が使い物にならなくて困ったことに。
検査後はしばらくベッドの横になっていたし、
家に帰ってからもなんとなく何もする気も起きず、
布団に横になるしかできなかった。
夕方過ぎになってようやく普段通りになったようだ。
検査の苦痛はなかったものの、
その日一日が使い物にならないのも問題だ。
次回はその点を考えてどちらにするか決めようと思う。
果たして、次回があるかどうかもわからないが・・・。

拍手

咀嚼音を聴きながら

久し振りの映画鑑賞。
いやぁ大変でした。
委員会のあとに映画をみようと考えていた。
思いの外委員会が早く終わってしまって
時間潰しが必要になった。
仕方がないので遠回りして映画館のある建物に到着。
が、眼鏡を忘れたことに気付く。
先日、美術館で眼鏡がなくて大変困ったので、
映画も困ることになりそうだと思った。
家に取りに戻る時間はない。
そこで、時間までに間に合えば眼鏡を作ることに。
作りました、眼鏡。
早くできるものですね。
急だったので一番安いフレームにしようと思ったが、
どうも気に入らなくて、
結局23,000円ほどのものを購入。
ヴィヴィアンウエストウッド、結構気に入ってます。
ちょっと早かったけど映画館へ。
時間の確認。
見る予定の映画がない。
一日一回だけの上映作品は書かれてないのか?
などと考えていて、
自分の行きたかった映画館がここではないことに気付く。
上映時間まで45分。
移動して間に合うのか?
自分の車移動では駐車場に停めるのに
時間がかかりそうだったので、
早さ優先で泣く泣くタクシー移動。
とりあえず間に合いました。
ただ、上映中はずっとひとつあいた隣の席の方の
咀嚼音を聴きながらの
映画鑑賞となってしまいました。
全く運がなかったよ。
でも、映画は良かったよ。
「たまこラブストーリー」
もち蔵推しの私には特に。
映画が終わるとまたタクシーで
駐車場まで移動。
往復1,340円のタクシー代。
久し振りの映画鑑賞はすごく高くついてしまったが、
映画館で見る映画はやっぱり良かった。
でも、今度からは一番後ろの席にしようと思う。
個人的には映画館での食べ物は禁止にしてほしい。

拍手

邪魔されない映画鑑賞

先日2台目のブルーディスクを購入。
夫と私は見たい番組が違うし、
お互いがどちらかに合わせるということもない。
思いきって2台目を購入してよかった。
好きな時に心おきなく
映画を見られるようになって
私は大変嬉しい。
映画をまるまる見るには
今までは夫が留守の時か寝てからしか
見ることができなかった。
夫が2時間以上留守することはめったになく、
夫が寝てから映画を見始めると
私の寝る時間がなくなってしまうという
家で映画を見る環境ではなかった。
家庭内の小さなストレスを解消すると
かなりすっきりするようだ。
家庭内小さいストレス、
まだまだあるんだよね。

拍手

■カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■最新コメント
[02/26 もも]
[02/26 参加してました]
[02/06 NONAME]
[09/05 御伽草子]
[05/07 Cruloulfuck]
■アーカイブ
■ブログ内検索
■バーコード
■ジオターゲティング

ジオターゲティング
■アクセス解析
■カウンター
■What time is it now?
■ご覧の皆様へ
ブログに関係のないコメントは削除させていただきますm(__)m
■最近読んだ本
最近読んだ本
■コミック所蔵数
コミックダッシュ! mmomomo の所有コミック